コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シグナルトランスダクション signal transduction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シグナルトランスダクション
signal transduction

細胞はホルモン等の細胞外からのシグナルを受容すると,それをセカンドメッセンジャーとして別のシグナルに変換し,細胞内で伝達して特定の反応を引き起こす。この過程がシグナルトランスダクションである。たとえば血糖上昇ホルモンが受容体に結合すると,細胞内サイクリック AMP濃度が上昇し,それが蛋白質リン酸化酵素を活性化する。蛋白質リン酸化酵素は,血糖を上昇させる酵素をリン酸化して活性化し,細胞の反応として血糖を上昇させる作用が引き出される。シグナルトランスダクションは実にさまざまな生物現象と結び付いているが,最近では,分子生物学的手法を取り入れ,急激な研究の進展を見せている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android