コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシャ・パンマ[山] Shisha Pangma

世界大百科事典 第2版の解説

シシャ・パンマ[山]【Shisha Pangma】

ネパール・ヒマラヤ,ランタン山群の最高峰。チベット内にあり,標高8013m(インド測量局は8046m)。山名はチベット語で〈厳しい天候の山〉の意味であるが,ネパールやインドでは,ゴザインタンGosainthan(〈聖者の居所〉の意)の名で知られてきた。長い間未踏査で,最後の未踏8000m峰のこの山は,1964年中国登山隊(許競隊長)が初登頂に成功。80年以降,西ドイツ,オーストリア,日本,イタリア・西ドイツ合同の各隊が登頂した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シシャ・パンマ[山]の関連キーワードゴサインタン[山]

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android