コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシャ・パンマ[山] Shisha Pangma

1件 の用語解説(シシャ・パンマ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シシャ・パンマ[山]【Shisha Pangma】

ネパール・ヒマラヤランタン山群の最高峰チベット内にあり,標高8013m(インド測量局は8046m)。山名はチベット語で〈厳しい天候の山〉の意味であるが,ネパールやインドでは,ゴザインタンGosainthan(〈聖者の居所〉の意)の名で知られてきた。長い間未踏査で,最後の未踏8000m峰のこの山は,1964年中国登山隊(許競隊長)が初登頂に成功。80年以降,西ドイツオーストリア,日本,イタリア・西ドイツ合同の各隊が登頂した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シシャ・パンマ[山]の関連キーワードエベレストカトマンズダウラギリネパール語ヒマラヤ山脈マナスルゴサインタン山ヒマラヤ杉チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone