コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシャ・パンマ[山] Shisha Pangma

世界大百科事典 第2版の解説

シシャ・パンマ[山]【Shisha Pangma】

ネパール・ヒマラヤ,ランタン山群の最高峰。チベット内にあり,標高8013m(インド測量局は8046m)。山名はチベット語で〈厳しい天候の山〉の意味であるが,ネパールやインドでは,ゴザインタンGosainthan(〈聖者の居所〉の意)の名で知られてきた。長い間未踏査で,最後の未踏8000m峰のこの山は,1964年中国登山隊(許競隊長)が初登頂に成功。80年以降,西ドイツ,オーストリア,日本,イタリア・西ドイツ合同の各隊が登頂した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シシャ・パンマ[山]の関連キーワードゴサインタン[山]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android