コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

システミック・ペインティング systemic painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

システミック・ペインティング
systemic painting

基本的単位の規則的な繰り返しによる絵画。ローレンス・アロウェイが企画して 1966年にアメリカ合衆国ニューヨークのグッゲンハイム美術館で開催された展覧会名からとられた。格子ストローク,同じ色面の繰り返しなどシステミックな構造によって絵画に統一的な全体性を与えようというもの。抽象表現主義からカラー=フィールド・ペインティングを経てミニマル・アートへの発展線上に位置している。ケネス・ノーランド,アド・ラインハート,アグネス・マーティン,ラリー・プーンズ,ロバート・ライマン,ロバート・マンゴールドなどがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android