システミック・ペインティング(英語表記)systemic painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基本的単位の規則的な繰り返しによる絵画。ローレンス・アロウェイが企画して 1966年にアメリカ合衆国ニューヨークのグッゲンハイム美術館で開催された展覧会名からとられた。格子ストローク,同じ色面の繰り返しなどシステミックな構造によって絵画に統一的な全体性を与えようというもの。抽象表現主義からカラー=フィールド・ペインティングを経てミニマル・アートへの発展線上に位置している。ケネス・ノーランド,アド・ラインハート,アグネス・マーティン,ラリー・プーンズ,ロバート・ライマン,ロバート・マンゴールドなどがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android