コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチトウイ(七島藺) シチトウイCyperus monophyllus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シチトウイ(七島藺)
シチトウイ
Cyperus monophyllus

カヤツリグサ科の多年草。リュウキュウイともいう。沖縄,台湾および中国南部に分布し,海水の出入りする浅い水中に生える。根茎は長く横にはい,茎は3稜柱形で直立し高さ1~1.5mに達する。秋に,茎の先端に花被のない小花を穂状につける。茎を刈って畳表をつくり,これを琉球表または七島表という。関東以西の水田でときどき栽培されることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シチトウイ(七島藺)の関連キーワードカヤツリグサ科日出[町]大分県杵築市