コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤツリグサ科 カヤツリグサか Cyperaceae

2件 の用語解説(カヤツリグサ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤツリグサ科
カヤツリグサか
Cyperaceae

単子葉植物カヤツリグサ目の1科。全世界の熱帯から寒帯まで,また,極端な乾燥地から水湿地にいたるほとんどあらゆる環境条件に分布し,約 90属 4000種が知られる。イネ科植物に似た,線状の葉をもつ多年草であるが,イネ科と違って茎は中実 (イネ科ではほとんどが中空) で,葉は3列 (イネ科では2列) に並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤツリグサ科
かやつりぐさか
[学]Cyperaceae

単子葉植物。熱帯から寒帯までのあらゆる条件下に生え、世界に約45属4000種ほどが知られ、イネ科やラン科についで大きな科である。日本には約20属、350種ほどが分布する。花は風媒で単純化が進んでいる。ホタルイ属、ハリイ属、ワタスゲ属などは両性花で退化した花被(かひ)をもち、ハタガヤ属、テンツキ属、カヤツリグサ属などは両性花であるが、花被片は消失している。ヒゲハリスゲ属やスゲ属では花はさらに単純化し、花被もない単性花になり、それらの花が数個から十数個集まって小穂をつくる。イグサ科に近縁で、イネ科とは直接の類縁関係はないとされている。この科の植物はイネ科のように重要な食料になったものはなく、わずかに笠(かさ)や莚(むしろ)、籠(かご)を編むのに利用され、塊茎が食用にされるものがいくつかあるだけである。一方、水田や畑、果樹園などに雑草として生えるものが多く、農作物に大きな被害を与えるものもある。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカヤツリグサ科の言及

【カヤツリグサ】より

…普通にカヤツリグサと呼んでいる草には,少なくともカヤツリグサ,コゴメガヤツリ,チャガヤツリの3種があり,いずれも田畑,荒地,道端に多いカヤツリグサ科の雑草である。 植物学上カヤツリグサC.microiria Steud.(イラスト)とされるものは,中国大陸原産と見られる田畑の一年生の雑草で,赤紫色のひげ根のある細い茎が2~3本まばらな株となり,高さは30cm余りである。…

※「カヤツリグサ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カヤツリグサ科の関連キーワードイネ蚊帳吊草小米蚊帳吊単子葉類升草アワコムギパルマローザパルマローザ油カヤツリグサ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カヤツリグサ科の関連情報