コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノップ Sinop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノップ
Sinop

トルコ中央北部の黒海沿岸の港町で,同名県の県都。古代にはシノペ Sinōpēと呼ばれ小アジア北海岸での唯一の安全な錨地として知られた。前 780年にギリシア植民都市として築港され,ポントス地方の海上貿易の大部分を押えた。哲学者ディオゲネスの生誕地でもある。 1458年オスマン帝国領となった。 1853年にクリミア戦争前哨戦が始ると,11月 30日ロシア艦隊がトルコの艦隊をシノップ沖で撃滅し,大戦争の経過をたどったことで有名。陸上交通の便が悪く,トウモロコシ,アマ,タバコなどの産物の地域的港である。人口2万 5631 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シノップの関連キーワードエルバカンニーデ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android