前哨戦(読み)ぜんしょうせん

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜんしょう‐せん ゼンセウ‥【前哨戦】

〘名〙
① 前哨の小部隊間で行なわれる戦闘。本隊同士の戦闘に先立つこぜりあい。〔五国対照兵語字書(1881)〕
② 本格的な活動にはいる前の準備的な行動。
※ブウランジェ将軍の悲劇(1935‐36)〈大仏次郎〉高等法院「前哨戦の火蓋は敵味方の陣営が示し初めたジェスチュアで切られた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんしょう‐せん〔ゼンセウ‐〕【前×哨戦】

主力の本格的な戦闘に先だって、前哨の部隊の間で行われる小戦闘。
本格的な活動に入る前の準備的な行動。「選挙運動の前哨戦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android