コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベリア台地 シベリアだいちSiberian platform

世界大百科事典 第2版の解説

シベリアだいち【シベリア台地 Siberian platform】

バイカル湖の北方,東はレナ川,西はエニセイ川で囲まれる幅2000kmの広大な丘陵性台地をいう。シベリア卓状地ともいい,古くはアンガラ楯状地Angara shieldといわれた。シベリア台地の基盤は始生代から原生代前~中期の変成岩と花コウ岩であるが,これらの古い岩石が露出しているのは南東部のアルダン地塊と北部の小さなアナバル地塊だけで,残りの広大なシベリア台地は原生代後期から顕生代(とくに中生代)の堆積岩層や火山岩層でおおわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シベリア台地の関連キーワードポドカメンナヤトゥングスカ川ニジニャヤトゥングスカ川クラスノヤルスク地方北シベリア低地イルクーツク州オレニョク川プトラナ高原エニセイ山脈ビリュイ川アンガラ川サハ共和国タイムイルチョーナ川バイカル湖コトゥイ川アナバル川エベンキトゥラーロシア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android