コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベ古墳 シベこふんShibe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シベ古墳
シベこふん
Shibe

ロシア中部,アルタイ共和国のウルスル川沿いにあるシベ村で,セルゲイ・I.ルデンコによって発見された大型の積石塚。M.グリヤズノフによって 1927年に調査された。石片で積み上げられた古墳の直径は 45m,高さは 2mほどで,墳丘下には厚板で床を敷いた 7mの墓壙が掘られ,丸太組みの墓室の中に丸太でつくられた棺が置かれていた。墓壙の北半から 14頭の馬の遺体が発見された。盗掘によって,屋根が壊され,遺物は紛失していた。類似の古墳はウルスル川流域のカラルコ村にもあり,最も有名なものはウラガン地区のパズイルイク古墳群である(→パズイルイク文化)。これらの古墳の年代について,ルデンコは前5~前4世紀とするが,通常,前3~前1世紀と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android