盗掘(読み)とうくつ

精選版 日本国語大辞典「盗掘」の解説

とう‐くつ タウ‥【盗掘】

〘名〙 公有地や他人の土地の鉱物、埋蔵物などを、その権利がないのにりとること。
※断碑(1954)〈松本清張〉二「掘といわれても仕方のない行為であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「盗掘」の解説

とう‐くつ〔タウ‐〕【盗掘】

[名](スル)公有地や他人の所有地などを権利や許可もなく掘り起こし内部の物品などを盗むこと。「盗掘された形跡がある古墳」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の盗掘の言及

【墳墓】より

…墓室を地下に設け,地上には祠堂を建てるもの(殷の婦好墓)もある。地上に標識を残さないのは盗掘を防いだものであろう。
[墳丘と墓室]
 墳丘を築く場合には,土を盛るもののほか,石を積み上げた積石塚(ケルンcairn),土を盛り,表面全体あるいは一部を切石で化粧したり,石塊を葺いたり(葺石(ふきいし)),周囲に立石を配するなど各種の外装を施したものがある。…

※「盗掘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android