シマセトダイ(読み)しませとだい(英語表記)striped velvetchin

  • Hapalogenys kishinouyei
  • fourstripe grunt
  • lined javelinfish
  • しませとだい / 縞瀬戸鯛

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱スズキ目イサキ科に属する海水魚。青森県以南の太平洋岸、東シナ海、朝鮮半島南部、上海(シャンハイ)、台湾、ミャンマーなどの海域に分布するが、沖縄県の海域にはいない。体は強く側扁(そくへん)し、体高は高い。両顎(りょうがく)には絨毛(じゅうもう)状歯があって、犬歯はない。下顎腹面のひげは痕跡(こんせき)的である。下顎に4対の小孔(こあな)と一つの裂孔がある。背びれ棘(きょく)部は三角形で、棘部と軟条部の間には深い欠刻(切れ込み)がある。背びれ起部の皮膚の下に1本の前向棘がある。尾びれの後縁は丸い。最大の全長は約30センチメートルであるが、普通は20センチメートル。体は淡灰褐色で、体側に4条の褐色の縦帯がある。第1帯は背びれ起部から、第2帯は背びれ起部よりすこし前から、第3帯は目の後縁から、そして第4帯は胸びれ付近からそれぞれ後方へ水平に走る。背びれと臀(しり)びれの棘部の鰭膜(きまく)および腹びれは褐色。背びれと臀びれの軟条部と尾びれは淡色。沿岸域にすみ、底生の無脊椎(むせきつい)動物や小魚を食べる。底引網、釣り、突きなどによって漁獲され、煮つけなどにする。

[尼岡邦夫 2018年3月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android