コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマノフスキー Karol Szymanowski

大辞林 第三版の解説

シマノフスキー【Karol Szymanowski】

1882~1937) ポーランドの作曲家。印象派・新古典派の影響を受け、ポーランド音楽の近代化に貢献。オペラ「ロージェ王」、「協奏交響曲」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマノフスキー
しまのふすきー
Karol Macej Szymanowski
(1882―1937)

ポーランドの作曲家。ウクライナの貴族の家に生まれ、ワルシャワで学ぶ。同志と「若きポーランド」を結成し作品の発表や出版を行うが、やがてベルリン、ウィーン、イタリア各地に赴く。1926年ワルシャワ音楽院の院長に就任。ショパン、スクリャービン、R・シュトラウスの影響を受け、フランス近代やポーランド民族の音楽を吸収して独自の作風を確立した。代表作には『ハギト』(1912~13)や『ロゲル王』(1920~24)などのオペラ、バレエ音楽『ハルナシュ』(1923~31)、合唱曲『スターバト・マーテル』(1925~26)のほか交響的作品がある。[益山典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シマノフスキーの関連キーワードブーニン(Stanislav Bunin)ポーランド音楽ポーランド史シマノフスキ協奏交響曲ポーランドグレツキ近代化ラトル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シマノフスキーの関連情報