コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シミュルタネイスム 〈フランス〉simultanéisme

デジタル大辞泉の解説

シミュルタネイスム(〈フランス〉simultanéisme)

時間と空間の相互連関的な変化相を、同一画面に同時に表現しようとした美術上の主義。20世紀前半、フランスの画家ドローネーやイタリア未来派などが試みた。同時主義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シミュルタネイスム【simultanéisme】

時間と空間の相互連関的変化を同一画面に同時に表現しようとする絵画の傾向。デュシャンなど、1910~20年代の作品にみられる。同時主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シミュルタネイスムの関連キーワードデュシャン

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android