コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモツケソウ(下野草) シモツケソウFilipendula multijuga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シモツケソウ(下野草)
シモツケソウ
Filipendula multijuga

バラ科の多年草で,日本各地の山地,特にやや湿った場所に生じる。根出葉と下部の茎葉とは羽状に数対の側小葉をつけ,先端の小葉 (頂小葉) だけはさらに掌状に5~7片に裂ける。茎の高さは 50~80cmとなり,互生する茎葉の基部には膜質の托葉が2片ある。夏に,茎頂に散房花序をつくって,細かな紅色の花を多数密集してつける。個々の花は径 5mmほどで,通常は5弁,多数の長いおしべがあり,中央には数本のめしべがある。観賞用に栽培されるキョウガノコ (京鹿子) 同属近縁種である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android