コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョウガノコ(京鹿子) キョウガノコFilipendula purpurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョウガノコ(京鹿子)
キョウガノコ
Filipendula purpurea

バラ科の多年草山地に自生するシモツケソウとごく近縁の種とされるが,根葉の柄に側小葉が出ない点で異なる。自生は知られず,もっぱら栽植される。葉は深く5~7裂し鋸歯がある。葉柄,茎は紅紫色。花は紅紫色を帯び集散状散房花序に密生し,多数のおしべも桃色で美しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キョウガノコ(京鹿子)【キョウガノコ】

庭園の下草や池辺に植えられるバラ科の多年草。自生地は不明で,一説に交雑起源ともいう。全株無毛で,太くて短い根茎から出た茎は直立し,高さ60〜100cmになる。葉は羽状複葉であるが,側小葉はないか,あってもごく小さく,掌状に分裂する頂小葉だけが目立つ。小葉の縁には重鋸歯(きょし)がある。夏,シモツケソウに似た多数の濃いピンクの小花が茎頂に密集して咲き,鹿の子絞に似るためこの名がある。おしべは多数で花弁よりも著しく長い。早春に株分けでふやす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

キョウガノコ(京鹿子)の関連キーワードシモツケソウ(下野草)

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android