コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモバシラ(霜柱) シモバシラKeiskea japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シモバシラ(霜柱)
シモバシラ
Keiskea japonica

シソ科の多年草で,日本の特産種。関東地方以西の本州,四国および九州の山地林下に生える。高さ 60cm程度で4稜があり,長さ 10~20cmの広披針形鋭尖頭の葉が対生する。葉脈上に細毛があり裏面には腺点がある。秋に,の先端および葉腋総状花序をなして,白色小型の唇形花片側にだけ多数つける。名称は冬枯れた茎に氷がついて霜柱のようになることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シモバシラ【シモバシラ(霜柱) Keiskea japonica Miq.】

山の林内に生えるシソ科の多年草(イラスト)。茎は高さ50~70cmになり,四角形でやや硬い。葉は対生して広披針形~狭卵形,縁に鋸歯があり,先はするどくとがる。葉柄はごく短い。9~10月ころ,茎の上部の葉腋(ようえき)から総状花序を出して,片側にのみ白い花をつける。は等しく5裂し,果時には長さ5~6mmになる。花冠は4裂してやや2唇形となり,4本のおしべと1本の花柱が長くつき出ている。分果は4個できる中の1個だけが成熟することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android