シャタパタ・ブラーフマナ(英語表記)Śatapatha-brāhmaṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャタパタ・ブラーフマナ
Śatapatha-brāhmaṇa

インドのベーダ祭式に関する文献の一つ。『白ヤジュル・ベーダ』の『バージャサネーイ・サンヒター』 Vājasaneyi-saṃhitāに付属するブラーフマナ文献。前 800年頃成立したと推定される。伝本にマーディヤンディナ派とカーンバ派との2派によって伝えられたものがある。それに使用される言語は,ベーダに現れる散文に用いられる言語としては,最も発達しており,他のブラーフマナ文献に比較して新しいものとみられ,アクセントの表記方法も独特である。ベーダ祭式の詳細な説明とともに多くの説話をも記し,インド思想史上の主要な文献でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android