コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャモニー・オリンピック冬季競技大会 シャモニー・オリンピックとうききょうぎたいかい

1件 の用語解説(シャモニー・オリンピック冬季競技大会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャモニー・オリンピック冬季競技大会
シャモニー・オリンピックとうききょうぎたいかい

フランスのシャモニーで開催された第1回オリンピック冬季競技大会。1924年1月25日から 2月5日まで「国際冬季スポーツ週間」として行なわれた。当初は公式のオリンピック競技大会ではなかったが,組織面でも施設面でも成功裏に終わったため,1925年に国際オリンピック委員会 IOCが第1回大会として正式に承認した。16ヵ国から約 250人の選手が参加し,16種目で覇を競った。11人の女子選手がフィギュアスケートに参加したが,これは 1936年のガルミッシュパルテンキルヘン・オリンピック冬季競技大会まで唯一の女子競技だった。フィンランドスピードスケート選手クラス・ツンベルグ,ノルウェーノルディックスキー選手トルライフ・ハウグらが活躍し,アイスホッケーではカナダアメリカ合衆国をくだして優勝した。ノルウェーの女子フィギュアスケート選手,ソニア・ヘニーは 11歳で出場を果たした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone