コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラフ・アッディーン Sharaf al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

シャラフ・アッディーン【Sharaf al‐Dīn】

?‐1454
ティムール朝の詩人,歴史家。ヤズド生れ。初めシャー・ルフの子のイブラーヒームに仕え,後にコムのスルターン・ムハンマドに招かれたが,ムハンマドの反乱に関連してシャー・ルフの怒りを買い,1446∥47年サマルカンドに送られた。49年に故郷ヤズドの近くのタフト村に隠遁し,そこで没した。当時第一級の洗練されたペルシア語の名文家として著名であった。主著《勝利の書》は,イブラーヒーム・スルターンによる大編纂事業の後を受けて,彼が華麗な装飾的散文に書き直したティムールの伝記である(1424∥25完成)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シャラフ・アッディーンの関連キーワードサフィー・アッディーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android