コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラフ・アッディーン Sharaf al‐Dīn

1件 の用語解説(シャラフ・アッディーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャラフ・アッディーン【Sharaf al‐Dīn】

?‐1454
ティムール朝の詩人,歴史家。ヤズド生れ。初めシャー・ルフの子のイブラーヒームに仕え,後にコムのスルターンムハンマドに招かれたが,ムハンマドの反乱に関連してシャー・ルフの怒りを買い,1446∥47年サマルカンドに送られた。49年に故郷ヤズドの近くのタフト村に隠遁し,そこで没した。当時第一級の洗練されたペルシア語の名文家として著名であった。主著《勝利の書》は,イブラーヒーム・スルターンによる大編纂事業の後を受けて,彼が華麗な装飾的散文に書き直したティムールの伝記である(1424∥25完成)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャラフ・アッディーンの関連キーワードゴール朝史家帖木児チムール帝国ティムールビクティムムール貝歴史家キッシュティム岩シャフリサブス歴史地区

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone