コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラフ・アッディーン Sharaf al‐Dīn

1件 の用語解説(シャラフ・アッディーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャラフ・アッディーン【Sharaf al‐Dīn】

?‐1454
ティムール朝の詩人,歴史家。ヤズド生れ。初めシャー・ルフの子のイブラーヒームに仕え,後にコムのスルターンムハンマドに招かれたが,ムハンマドの反乱に関連してシャー・ルフの怒りを買い,1446∥47年サマルカンドに送られた。49年に故郷ヤズドの近くのタフト村に隠遁し,そこで没した。当時第一級の洗練されたペルシア語の名文家として著名であった。主著《勝利の書》は,イブラーヒーム・スルターンによる大編纂事業の後を受けて,彼が華麗な装飾的散文に書き直したティムールの伝記である(1424∥25完成)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャラフ・アッディーンの関連キーワードエセン金春禅鳳森吉山足利成氏伊勢貞親享徳の乱古河公方赤松則尚赤松政秀足利成氏

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone