シャルキーヤ県(読み)シャルキーヤ(英語表記)al-Sharqīyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルキーヤ〔県〕
シャルキーヤ
al-Sharqīyah

エジプト北部ナイルデルタ東部地帯の県。スエズ運河の西で地中海に接している。県都ザカージーク。平坦なデルタ地帯で,シャルキーヤ運河,イスマーイーリーヤ運河などいくつかの運河が県内を貫流し,豊かな灌漑農業地帯を形成している。主要産物は綿花,米,小麦,穀物。主要都市はほかに,18世紀まで県都だったビルベイスや,ファークースなどがあり,交通,運輸の便はきわめてよい。昔から外国の侵入軍のルートで,ローマ時代の遺跡も多く,中世にはコプト教会派とイスラム教徒の反乱が相次いだ。面積 4180km2。人口 376万 6000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android