コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルモロン(西拉木倫)川 シャルモロンがわXar Murun he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルモロン(西拉木倫)川
シャルモロンがわ
Xar Murun he

日本ではシラムレン川の名で知られ,漢語名はホワン (潢) 水。中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区東部のジョウウダ (昭烏達) 盟を流れる川。リヤオ () 河の上流の一つ。内モンゴル高原東部のシヤスーミエン (下四面) 山に発し,東流しながら北方のターシンアンリン (大興安嶺) 山脈に発するチャガンモロン (査干木倫) 川などを合せる。チーリン (吉林) 省との境で,チーラオトー (七老図) 山脈,ヌールーエルフー (努魯児虎) 山脈の水を集めるラオハ (老哈) 川と合流してシーリヤオ (西遼) 河となる。流域は牧畜の適地が多い。遼は北方のリントン (林東) 鎮の南に上京臨 潢府,ラオハ川にのぞむニンチョン (寧城) 県に中京大定府をおいた。清初から漢族の入植が進み,人民共和国成立後は植林や灌漑施設の建設によって耕地が拡大している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャルモロン(西拉木倫)川の関連キーワードターシンアンリン(大興安嶺)山脈シーリヤオ(西遼)河リヤオ(遼)河慕容皝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android