コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉林 キツリン

デジタル大辞泉の解説

きつりん【吉林】

中国東北地方の省。省都、長春。大豆・コーリャン・小麦などを産する。林業も盛ん。チーリン
中国吉林省の都市。松花江上流にある河港都市。木材の集散地で、化学・機械などの工業も盛ん。人口、行政区179万、都市圏432万(2000)。チーリン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉林【きつりん】

中国,吉林省の都市。長春に次ぐ省内第2の都市。第二松花江の北岸に沿い,同江水運の起点をなし,また長図・瀋吉両鉄路の交点に当たる。木材,薬材,毛皮,タバコなどを集散するが,市の南東方にある豊満水力発電所の電力を利用して,肥料,合成樹脂,合成石油,染料,化学繊維,薬品などの化学コンビナートが建設される。
→関連項目吉林[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きつりん【吉林 Jí lín】

中国,吉林省中部の工業都市。人口141万(1994)。第二松花江に沿う。もと吉林烏拉と呼ばれたが,これは満州語で〈川沿いの地〉という意味である。明・清以来東北中部の政治,商業,交通の中心であり,清代初頭にかつてここで造船を行ったことから,船廠(せんしよう)という旧名が生まれたという。清代吉林庁がおかれ,のちに吉林府に昇格した。1913年吉林県に改められ,29年永吉県と改名された。36年県城付近に対して市制を施行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きつりん【吉林】

中国の東北部、朝鮮半島に接する省。コーリャン・大豆・小麦などの畑作農業と林業が盛ん。省都、長春。別名、吉。チーリン。
吉林省の中央部、松花江上流の河港都市。製材・製紙・製糖・化学などの工業が盛ん。チーリン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉林
きつりん / チーリン

中国、吉林省中東部の第二松花江(しょうかこう/ソンホワチヤン)沿岸にある都市。別称の吉林烏拉(チーリンウラ)はモンゴル語の「沿江」の意。旧称の船廠(せんしょう)はロシアの侵略に対して1658年清(しん)朝が戦船44隻を建造した造船所による。人口431万6726、市轄区人口179万3429(2000)。永吉(えいきつ)県、および舒蘭(じょらん)、蛟河(こうが)、樺甸(かでん)、磐石(ばんせき)の4市を管轄する。長図(ちょうと)、吉舒(きつじょ)、瀋吉(しんきつ)、竜豊(りゅうほう)の各鉄道が交差し、1895年のロシア汽船遡上(そじょう)に始まる河川交通もある。多くの行政、経済、教育機関のなかには、南方の豊満発電所にかかわる電力学院がある。近県の石炭、油母頁岩(ゆぼけつがん)、木材などを用いた化学肥料、染料、カーバイドの三大化学工場やプラスチック、ビニロン、ゴム、鉄鋼、冶金(やきん)、機械、製紙、陶磁器、ガラスなどの工業が盛んである。また周辺農村の作物を加工する穀粉、大豆油、テンサイ糖、酒造、紡織、製麻工業などの在来工業もあり、とくに関東三宝と称されるニンジン、鹿茸(ろくじょう)(シカの袋角(ふくろづの)。補精強壮剤として珍重される)、貂皮(ちょうひ)は有名。名勝・旧跡には、先史住居跡や雨乞(あまご)いの竜鳳寺(りゅうほうじ)のある竜潭山(りゅうたんざん)、団子山古城跡、江南公園、市街の眺望がよく朶雲殿(だうんでん)や肱観亭(こうかんてい)のある北山公園、45文字を刻んだアシェンハタ磨崖(まがい)などがある。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吉林の関連キーワード長春龍嘉国際空港延辺朝鮮族自治州輯安山城子山城チーリン(省)加知 貞一李 徳洙回 良玉王 忠禹杜 青林東北地方林 少華松江省丸都城半拉城公主嶺牡丹江馬占山松花湖沿海州梅河口

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉林の関連情報