吉林(読み)キツリン

百科事典マイペディアの解説

吉林【きつりん】

中国,吉林省の都市。長春に次ぐ省内第2の都市。第二松花江の北岸に沿い,同江水運の起点をなし,また長図・瀋吉両鉄路の交点に当たる。木材,薬材,毛皮,タバコなどを集散するが,市の南東方にある豊満水力発電所の電力を利用して,肥料,合成樹脂,合成石油,染料,化学繊維,薬品などの化学コンビナートが建設される。181万人(2014)。
→関連項目吉林[省]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きつりん【吉林 Jí lín】

中国,吉林省中部の工業都市。人口141万(1994)。第二松花江に沿う。もと吉林烏拉と呼ばれたが,これは満州語で〈川沿いの地〉という意味である。明・清以来東北中部の政治,商業,交通の中心であり,清代初頭にかつてここで造船を行ったことから,船廠(せんしよう)という旧名が生まれたという。清代吉林庁がおかれ,のちに吉林府に昇格した。1913年吉林県に改められ,29年永吉県と改名された。36年県城付近に対して市制を施行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きつりん【吉林】

中国の東北部、朝鮮半島に接する省。コーリャン・大豆・小麦などの畑作農業と林業が盛ん。省都、長春。別名、吉。チーリン。
吉林省の中央部、松花江上流の河港都市。製材・製紙・製糖・化学などの工業が盛ん。チーリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉林
きつりん / チーリン

中国、吉林省中東部の第二松花江(しょうかこう)沿岸にある地級市。別称の吉林烏拉(チーリンウラ)はモンゴル語の「沿江」の意。旧称の船廠(せんしょう)はロシアの侵略に対して1658年清(しん)朝が戦船44隻を建造した造船所に由来する。人口430万8000(2012)。4市轄区と永吉(えいきつ)県を管轄し、舒蘭(じょらん)、蛟河(こうが)、樺甸(かでん)、磐石(ばんせき)の4県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。長図線(長春(ちょうしゅん)―図們(ともん))、吉舒線(吉林―舒蘭)、瀋吉線(瀋陽(しんよう)―吉林)、竜豊線(竜潭山(りゅうたんざん)―大豊満(だいほうまん))の各鉄道が交差し、1895年のロシア汽船遡上(そじょう)に始まる河川交通もある。多くの行政、経済、教育機関のなかには、南方の豊満発電所にかかわる電力学院がある。
 近郊の石炭、油母頁岩(ゆぼけつがん)、木材などを用いた化学肥料、染料、カーバイドの三大化学工場やプラスチック、ビニロン、ゴム、鉄鋼、冶金、機械、製紙、陶磁器、ガラスなどの工業が盛んである。また周辺農村の作物を加工する穀粉、大豆油、テンサイ糖、酒造、紡織、製麻工業などの在来工業もあり、とくに関東三宝と称されるニンジン、鹿茸(ろくじょう)、貂皮(ちょうひ)は有名。
 名勝・旧跡には、先史住居跡や雨乞(あまご)いで知られる竜鳳寺(りゅうほうじ)のある竜潭山、団子山古城跡、江南公園、市街の眺望がよく朶雲殿(だうんでん)や肱観亭(こうかんてい)のある北山公園、明(みん)の将軍劉清(りゅうせい)が自らの行軍記録を刻んだアシェンハタ磨崖(まがい)などがある。[浅井辰郎・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉林の関連情報