コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンハイコワン(山海関) シャンハイコワンShanhaiguan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンハイコワン(山海関)
シャンハイコワン
Shanhaiguan

中国華北地方,ホーペイ (河北) 省の東端にあるチンホワンタオ (秦皇島) 市東部の市区。ポー (渤) 海にのぞみ,背後にはイエンシャン (燕山) 山脈の東端が迫る。華北地方と東北地方を結ぶリヤオシー (遼西) 回廊の入口にあたり,6世紀に万里の長城東端の楼門がおかれた。隋代には臨楡関と呼ばれたが,明代に山海衛がおかれ,地名ともなった。城楼には「天下第一関」の額が残る。景勝の地でもあり,特にショウ (首) 山,ウーチュワン (五泉) 山の紅葉が有名。プラスチック,薬品などの軽工業や,橋梁用鉄骨を製造する機械工業が急速に発達している。人口 13万 4646 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャンハイコワン(山海関)の関連キーワードイエンシャン(燕山)山脈

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android