万里(読み)バンリ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一里の万倍。非常に遠い距離。非常に遠い場所。
※懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈吉田宜〉「一去殊郷国、万里絶風牛」
※海道記(1223頃)花京の老母「万里をへだてて母を思をく」
② 鷹の羽の部分の名。
室町中期の臨済宗の僧。諱は集九、漆桶不会道人・梅庵と称した。相国寺に学び、のち応仁の乱後還俗して東国へ下り、太田道灌の庇護を受けた。漢籍に注釈を施し、また、詩文集「梅花無尽蔵」七巻を著わした。後期五山文学の代表者。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万里の関連情報