万里(読み)ばんり

精選版 日本国語大辞典「万里」の解説

ばんり【万里】

室町中期の臨済宗集九、漆桶不会道人・梅庵と称した。相国寺に学び、のち応仁の乱後還俗して東国へ下り、太田道灌庇護を受けた。漢籍注釈を施し、また、文集「梅花無尽蔵」七巻を著わした。後期五山文学の代表者。生没年未詳。

ばん‐り【万里】

〘名〙
① 一里の万倍。非常に遠い距離。非常に遠い場所。
※懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈吉田宜〉「一去殊郷国、万里絶風牛」
海道記(1223頃)花京の老母「万里をへだてて母を思をく」
の羽の部分の名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「万里」の解説

ばん‐り【万里】

《1万里の》非常に遠い距離。きわめて遠いこと。「万里のかなた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android