コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンパール シャンパールchampart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンパール
champart

中世フランスの特に北部にみられる領主地代の一種。収穫物の一定割合を現物で領主に納める分益貢租。 17~18世紀には,賃租 cens収入の減少に悩む領主が農民から徴収した追加高率年貢をさすようになった。 1789年8月の封建制廃棄宣言では,領主の物的権利の一つとして有償での廃棄が決められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android