コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンペーン シャンペーンChampaign

翻訳|Champaign

1件 の用語解説(シャンペーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンペーン
Champaign

アメリカ合衆国,イリノイ州中東部,イリノイセントラル鉄道沿いに発展した都市。地名はウェストアバーナであったが,1860年に改称。 20世紀後半工業が発達し,合金鋳造,大豆油,冷凍・空気調節装置を製造している。アーバナ市にまたがってイリノイ大学 (前身は 1867創立のイリノイ産業大学) があり,市の文化と経済の中心となっている。人口6万 3502 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャンペーンの関連情報