コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンラオ(上饒)市 シャンラオShangrao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンラオ(上饒)〔市〕
シャンラオ
Shangrao

中国華東地方,チヤンシー (江西) 省北東部の市。シャンラオ地区の行政中心地。北をホワイユイ (懐玉) 山脈,南をウーイーシャン (武夷山) 山脈にはさまれた,シン (信) 江上流の盆地にある。シン江流域から東方のチエンタン (銭塘) 江流域に出る交通の要地にあたり,三国時代から開けたといわれる。チョーカン (浙 贛) 鉄道が通っている。盆地底や谷では水稲,丘陵ではタバコ,茶などの栽培が多い。工業は 1953年に小型の発動機工場が設立されたことに始り,火力発電所や,機械,計器,自動車,皮革,印刷,製薬,製茶などの工場がある。南西郊のマオチヤリン (茅家嶺) は国民党が革命運動家を捕えて迫害した集中営があった地で,犠牲者をまつる烈士霊園,記念碑,陳列館がある。人口 16万 7588 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android