コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュコーフィアロカ Škofja Loka

デジタル大辞泉の解説

シュコーフィア‐ロカ(Škofja Loka)

スロベニア中西部の町。セルシュチツァ川とポリャンシュニツァ川の合流点に位置する。神聖ローマ皇帝オットー2世から同地の司教に土地を与えられたことに起源する。中世には水運の要所として栄えた。15世紀と17世紀の大地震で被害を受けたが、中世の面影を残す古い街並みが残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シュコーフィアロカの関連キーワードシュコーフィアロカ城カプチン橋ゴレンスカ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android