コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュスター‐シュヴァルツシルトのモデル Schuster-Schwarzschild model

法則の辞典の解説

シュスター‐シュヴァルツシルトのモデル【Schuster-Schwarzschild model】

恒星大気の輻射輸送の解析的近似モデルの一つ.局所的に熱力学平衡にある恒星大気で,連続吸収層に,連続吸収では非常に薄く,線吸収においては光学的に有限の厚さの層が付随していると考える.このモデルにおいて,連続吸収層においては散乱が主となっているとき,線吸収が純吸収となるのか散乱となるのかによって,恒星スペクトル中の線スペクトルが輝線となるか暗線となるかが定まることとなる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

シュスター‐シュヴァルツシルトのモデルの関連キーワードミルン‐エディントンモデル

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android