コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュスター‐シュヴァルツシルトのモデル Schuster-Schwarzschild model

1件 の用語解説(シュスター‐シュヴァルツシルトのモデルの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シュスター‐シュヴァルツシルトのモデル【Schuster-Schwarzschild model】

恒星大気の輻射輸送の解析的近似モデルの一つ.局所的に熱力学平衡にある恒星大気で,連続吸収層に,連続吸収では非常に薄く,線吸収においては光学的に有限の厚さの層が付随していると考える.このモデルにおいて,連続吸収層においては散乱が主となっているとき,線吸収が純吸収となるのか散乱となるのかによって,恒星スペクトル中の線スペクトルが輝線となるか暗線となるかが定まることとなる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュスター‐シュヴァルツシルトのモデルの関連キーワード輻射パーツモデルプランクの放射公式比例ハザードモデルキルヒホッフの輻射法則黒体輻射の法則トマス‐フェルミ近似法輻射の法則(四法則)ランキンの複合渦類似モデル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone