シュトラッサー兄弟(読み)シュトラッサーきょうだい

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラッサーきょうだい【シュトラッサー兄弟】

ドイツの政治家,ナチス党員。グレーゴルGregor Strasser(1892‐1934)は,1925年ベルリンに〈闘争出版社〉創立,反資本主義宣伝に従事。弟オットーOtto S.(1897‐1974)もこれに参加するが,30年に反資本主義の立場からヒトラー対立して脱党,33年に亡命。兄は,28年ナチス党全国組織局長。32年12月シュライヒャー内閣への入閣をめぐりヒトラーと対立,34年レーム事件のさいに殺害される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android