コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュベ chevet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュベ
chevet

キリスト教聖堂の東端部。通常アプス,回廊,放射状礼拝堂を含む。聖遺物の陳列の必要性から発展したもので,その初期の形式は特に修道院聖堂と関連している。トゥールのサン・マルタン聖堂 (997~1020) は放射状礼拝堂のシュベをもつ最初の作例の一つといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュベの関連キーワードヘイトアシュベリーヒッピーカルチャーエリア大草原の小さな天使 ブッシュベイビーフレドリッヒ・E.A. マイツェンポール・V.デ・ラ ブラーシュフリードリッヒ パッシェンウッダーラカ・アールニペーター クレッチマー兵士シュベイクの冒険ヤロスラフ ハシェクグスタフ ハイネマンシュベーターンバラ上士幌町鉄道資料館金色のガッシュ!!イェレニャ・グーラアスマンスハウゼンアフメット・ルザゲオルグ ハイムバルデマール2世シュベルニー城クールシュベル

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android