シュムマクス(読み)しゅむまくす(英語表記)Quintus Aurelius Symmachus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュムマクス
しゅむまくす
Quintus Aurelius Symmachus
(340ころ―402ころ)

古代ローマの政治家、弁論家。ローマの名門に生まれ、属州アフリカ総督、ローマ市長、執政官(コンスル)を歴任。ローマ帝国キリスト教化の流れに抗して、異教的ローマ精神の復興に努め、勝利の女神(ビクトリア)像の元老院への再設置を建議し(アンブロシウスの反対で成功せず)、ウェルギリウス、リウィウスなどローマ古典文学の出版に力を注いだ。[土岐正策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android