コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンブロシウス アンブロシウス Ambrosius

6件 の用語解説(アンブロシウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンブロシウス
アンブロシウス
Ambrosius

[生]339頃.トリエル
[没]397.4.4. ミラノ
聖人。古代西方教会の四大教会博士の一人。 370年ミラノの執政官となり,アリウス派をめぐる論争の混乱状態を収拾,民衆に請われて 374年ミラノ司教となり,アリウス派と徹底的にたたかう。すぐれた説教家であり,その筆記されたものが彼の著作をなし,反アリウス派の諸著のほかに『聖職について』 De officiis ministrorum,『六日間天地創造論』 Hexaemeronが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンブロシウス(Ambrosius)

[340ころ~397]ミラノの司教。古代ローマ教会四大教会博士の一。アウグスティヌスキリスト教に導いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンブロシウス

古代キリスト教の教父,聖人。374年ミラノ司教。ローマ教会の地位向上と司牧活動に尽力,アウグスティヌスを回心に導いたといわれる。《雅歌講解》《聖職者の務め》のほか,多くの聖歌,典礼が彼に帰される。
→関連項目テオドシウス[1世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンブロシウス【Ambrosius】

339ころ‐397
西方教会の教父としてアウグスティヌスに先立つ重要な人。ローマ貴族アウレリウス家の出身で,父の任地トリールに生まれ,ローマで法律と修辞学を学んだ。ミラノの執政官だったとき,キリスト教正統派とアリウス派との争いを収めたことが高く評価され,未受礼であったにもかかわらず民衆に支持されて,374年司教となった。それ以後,グラティアヌス帝に対してウィクトリア女神の祭壇を撤去させ,これを再建しようとしたシンマクスを抑え,テオドシウス帝の残虐行為を弾劾し,さらに東方教会皇帝教皇主義を打破して皇帝の教会内での特別な地位を認めなかったなど,教会の地位向上に力をつくした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンブロシウス【Ambrosius】

339頃~397) ミラノの司教。三位一体論に基づきアリウス派と抗争、帝王権に対しても教会の優越を主張。また、典礼と聖歌を改革、アウグスティヌスを導き授洗。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンブロシウス
あんぶろしうす
Ambrosius
(339ころ―397)

ミラノの司教。4世紀後期の西方ローマ教会四博士の一人。ローマ貴族の子としてドイツのトリエルに生まれた。ローマで修辞学を修めたのち、370年北イタリアリグリア州執政官、のちミラノの執政官となる。キリスト教の異端アリウス派の司教アウクセンティウスAuxentius(?―374)の死後、374年ミラノの聖堂で後継者論争の仲裁に入ったとき、「アンブロシウスを司教に」と少年が叫んだのが契機となって、急遽(きゅうきょ)受洗し、司教に叙任された。教会政治家、牧会者として、また新プラトン学派に属する知識人としても正統派擁護のために活躍、帝権の介入に抗して教会の独立をまっとうした。384年には異教の復興を目ざす元老院と戦い、勝利の女神ビクトリアの偶像安置案を退け、385~386年には圧倒的な民衆の支持を背景として、皇太后ユスティナJustina(?―388)と争って、アリウス派の手からミラノの聖堂を取り返した。テオドシウス1世によるテサロニケ市民7000人虐殺を糾弾し、皇帝を懺悔(ざんげ)させたことも有名である。また、彼は典礼の聖歌を数多くつくり、『すべての創(つく)り主なる神よ』Deus creator omniumは、アウグスティヌスによってアンブロシウスの作品とされている。アウグスティヌスは、アンブロシウスの比喩(ひゆ)的な聖書釈義の方法に触れて回心に導かれるが、これは彼自身の独創というよりも、フィロンやオリゲネスらのアレクサンドリア学派の東方神学の導入であり、彼の神学思想上の意義もまたこの点にあった。代表的な著作として『ヘクサメロン』6巻、『聖職本務論』3巻がある。[加藤 武]
『『石原謙著作集8 キリスト教の源流』(1979・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンブロシウスの言及

【イタリア音楽】より

…いわゆる芸術音楽は,ギリシアの範にならったものが支配的だったろうが,長い年月のあいだにローマ独自のものを創り出したことだろう。 313年にキリスト教が公認された直後,ミラノの司教アンブロシウスらは,東方の初期キリスト教徒たちの例にならって,典礼に歌を用いることに積極的な態度をとり,アンブロシウス聖歌として伝えられる単旋聖歌の体系の礎を築いた。しかし,アンブロシウスの弟子でもあったアウグスティヌスによる,〈歌の内容にではなくて,歌そのものに感動したときには,罪を犯したような気持になる〉という反省は,キリスト教会の長い歴史の中で,教会における音楽のあり方をめぐっての論議に際し,折にふれて思い出されることになる。…

【キリスト教文学】より

… これにつづく4世紀は,3人の特筆すべきキリスト教作家を出した。年代的にも接近して現れたアンブロシウス,ヒエロニムス,アウグスティヌスがこれである。この3人はみな護教活動のほか,多くの著述や大部な書簡を残しているが,アンブロシウスはまた賛美歌創始者の一人として知られ,その作になる《世界の永遠なる造り主》ほか多くの詩は,広く一般に用いられ,多くの模倣者をさえ出した。…

【高利貸】より

…【佐藤 圭四郎】
[ヨーロッパ]
 中世のヨーロッパでは教会の教儀によって原則として利子の徴収が禁止されていた。旧約聖書《申命記》における〈兄弟からはどんな利子もとってはならぬ〉という教えは,4世紀の聖アンブロシウスによって〈資本を超えたものを受け取ってはならない〉という形に一般化され,グラティアヌスによって教会法に組みこまれた。キリスト教徒の間で利子付きの貸借を行うことは高利貸usuraとして神の教えに背くことと考えられた。…

【サンタンブロージョ教会】より

…イタリアのミラノにある初期キリスト教時代創建の教会堂。聖アンブロシウスが3世紀の殉教者を祭るため385年ごろ建立(彼自身もアプス(後陣)の地下に眠る)。幾度も改修され,今日の建物の大部分はロンバルディア・ロマネスク様式(11~12世紀)による。…

【中世音楽】より

…また,今日いろいろ議論されてはいるが,13世紀をアルス・アンティカ(古技法)の時代,14世紀をアルス・ノバ(新技法)の時代と呼ぶ慣習もかなり普及している。 313年にローマ皇帝コンスタンティヌス1世によってキリスト教が公認されたあと,北イタリアのミラノの司教になったアンブロシウスは,東方のキリスト教徒たちの礼拝で歌を歌う習慣を採り入れ,みずからラテン語の賛歌の作詩もした。その後,西方のキリスト教会では,アウグスティヌスらによって提起された,礼拝における音楽の使用に対する懐疑が,おりにふれて思い出されはしたものの,教会当局の考えは,概して音楽の使用に対して肯定的であった。…

【テオドシウス[1世]】より

…386‐387年ころ対ペルシア講和(これによりアルメニア王国を両国で分割)を締結したことも,この西征を可能とした。388年夏マクシムス打倒に成功したのち,帝はウァレンティニアヌス2世を復位させ,自らも3年間イタリアに滞在したが,この間にミラノ司教アンブロシウスの強い影響力を,ときには対立を交えながら受けるようになった。390年春テッサロニケで起きたゴート人守備隊長殺害に激怒した帝が報復殺戮(さつりく)を命じ,命令撤回がまにあわず7000人の市民が虐殺されるという事件が起こると,アンブロシウスは帝が公に懺悔を行うまで聖体拝受を許さず,8ヵ月後ついに帝が折れて懺悔を行った。…

【テ・デウム】より

…最初の2語をとって呼ばれる。4世紀のミラノの司教アンブロシウスの作とする説,あるいはアウグスティヌスがアンブロシウスの手で洗礼を受けたとき,霊感に打たれた二人が,その場で交互に1句ずつ作ったとする言い伝えがあるが,正確な起源は不明。ただし5世紀ないし4世紀までさかのぼることは確実で,近来の研究はガリア聖歌およびモサラベ典礼との関係を指摘している。…

【ミラノ】より

…これが現在の地名の起源であり,前1世紀ころから,北イタリアの商業,産業および文化の中心として急速な発展を遂げた。 ミラノにキリスト教が伝えられたのは,1世紀末であるが,374年ミラノ司教に選ばれたアンブロシウスのもとで,北イタリアにおけるキリスト教の中心地としても重要な都市になった。386年に彼が創建したサンタンブロージョ教会は,その後11~12世紀に修理されて現存している。…

【ラテン文学】より

…キリスト教未公認時代最大のキリスト教ラテン作家はテルトゥリアヌスであったが,後世に与えた影響はキプリアヌスの方が大きかった。313年のキリスト教公認を境に,4世紀から5世紀にかけて,《マタイによる福音書》を叙事詩にしたユウェンクスJuvencus,雄弁家ラクタンティウス,賛美歌作者で人文主義に反対した神秘主義者アンブロシウス,古代最大のキリスト教ラテン詩人プルデンティウスとその後継者ノラのパウリヌスなどが活躍したが,古代最大の2人のキリスト教作家も続いて現れた。一人は,全古典作家に精通した人文主義者である一方,聖書をラテン語に翻訳して,異教の伝統とキリスト教とを照応させたヒエロニムス,もう一人はヨーロッパ最初の自叙伝《告白》と,《神の国》などの著作で名高いアウグスティヌスである。…

【ローマ】より

… ウァレンティニアヌス朝とテオドシウスの時代には,異教知識人とキリスト教聖職者との最後の論争が行われた。前者の代表はローマ元老院議員シンマクスであり,後者の代表はミラノ司教アンブロシウスであった。392年,フランク人出身ローマ軍司令官アルボガストを後ろ盾に,ウァレンティニアヌス2世(在位375‐392)を除去してローマに蜂起したエウゲニウスの簒奪(在位392‐394)は,テオドシウスによって鎮圧された。…

※「アンブロシウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンブロシウスの関連キーワードアウグスティヌス聖アウグスティヌス修道院書斎の聖アウグスティヌス聖アウグスティヌスの幻視アウグスティヌス会ヒラリウス[ポアティエの]《アウグスティヌス》アウグスティヌス会則アウグスティヌス修道参事会《三位一体論》(アウグスティヌス)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone