コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウィウス リウィウス Livius, Titus

5件 の用語解説(リウィウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウィウス
リウィウス
Livius, Titus

[生]前59頃.パタウィウム(現パドバ)
[没]後17. パタウィウム(現パドバ)
古代ローマの歴史家。その生涯に関してはあまり知られていない。皇帝アウグスツス側近の文人となり,さらにのちの皇帝クラウディウス1世に歴史研究をすすめたといわれる。ラテン語で『ローマ史』 Ab urbe condita libri (142巻) を前 27年頃から出版。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リウィウス(Titus Livius)

[前59~17]古代ローマの歴史家。ローマ建国からアウグストゥスの世界統一までの編年体の歴史記述「ローマ建国史」全142巻(現存するのは35巻)を著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リウィウス

古代ローマの歴史家。北イタリアのパタウィウム(現,パドバ)の生れ。アウグストゥスの庇護を得てローマの建国から後9年までの歴史《ローマ建国史》(全142巻,現存35巻)を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リウィウス【Titus Livius Patavinus】

前59‐後17
古代ローマの歴史家。北イタリアのパタウィウム(現,パドバ)出身。《ローマ史》《ローマ建国史》などとも訳される《建国以来の書Ab urbe condita libri》の著者として知られる。ほかにも著作があるが散逸した。その生涯はほとんどわからないが,著作によってアウグストゥス帝の好遇を得,ローマに住んで帝側近の文人グループに属した。一生を著作にささげ,歴史記述が政治家のものであったローマの伝統においてまれな存在である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リウィウス
りうぃうす
Titus Livius
(前59―後17)

古代ローマの歴史家。北イタリアのパタウィウム(パドバ)に生まれ、同地で没した。その生涯の詳細は明らかでない。長くローマで過ごしたが、公職にはつかず、特別な政治的、軍事的体験はなかったと思われる。皇帝アウグストゥスの文学サークルに迎え入れられ、40年を費やして、ローマ建国よりアウグストゥスの世界統一に至る(正しくは前9年のドルススの死まで)全142巻からなる歴史記述『ローマ建国史』を著した(なお、現存するのは第1~10巻、第21~45巻の35巻で、他の巻は1世紀後半の「要約」のそのまた「要約」が残っているにすぎない)。適宜分冊で公刊されたこの作品は、在来の年代記作家の著作およびポリビオスなどの歴史叙述を総合、集大成したもので、アウグストゥスの平和に至るまでの大帝国ローマを築き上げたローマ人の徳と力とを賞賛した編年体の歴史叙述であり、世界帝国の建設者ローマ国民をたたえる一大記念碑となっている。キケロの文体を模した表現は、流麗にして変化、技巧に富み、黄金時代ラテン文学を代表する。内容に関しては、年代記作家の党派的立場を離れているとはいえ、その利用した資料に対する批判的姿勢に欠け、なによりも古ローマの理想化に走り、矛盾、誤謬(ごびゅう)に満ちているという批判が古くから加えられてきた。帝政期には大いに読まれ、その名声はローマ末期まで続き、ルネサンス期にはダンテが「誤りなき歴史家」としているが、古ローマの科学的研究は、リウィウスの批判的な検討をもって始まったといえよう。[長谷川博隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリウィウスの言及

【フロルス】より

…生没年不詳。リウィウスの大著《ローマ建国史》の〈抄録版〉の著者として知られるが,生涯および著述活動については不明な点が多く,姓名も個人名のLuciusと氏族名のAnnaeusは信憑性を欠く。ハドリアヌス帝の詩作仲間の一人としてその名が伝えられているフロルスや,断片しか現存しない対話編《ウェルギリウスは詩人か弁論家か》の著者Publius Annius Florusと同一人物と推定される。…

【ラテン文学】より

…以下では6期に分けてラテン文学の消長を歴史的にふりかえり,あわせてその影響と受容の一端にふれることにする。
[初期(前3~前2世紀)]
 ラテン文学は口承文学を別にすれば,前3世紀,ローマがイタリア半島を征服したときに,南イタリアのギリシア都市出身のリウィウス・アンドロニクスLivius Andronicusが,ホメロスの《オデュッセイア》に基づく叙事詩《オデュッシア》を発表したときに始まる。これに,ナエウィウスの《ポエニ戦争》とエンニウスの《年代記》の叙事詩2編が続く。…

【ローマ理念】より

…それゆえいっそう,その混乱を終結させて元首政を樹立したアウグストゥスは秩序の再興者として称揚され,このアウグストゥス治下でローマ理念は最初の高揚期を迎えるのである。リウィウスは,ロムルスが神意によって建設した都市ローマが世界の女王となっていく過程を描き,ウェルギリウスは,最高神ユピテルがローマに領土の境も時の境もない永遠の支配を与えたと歌い,ホラティウスは,不幸からよみがえり,いっそうの高みへと昇るローマの運命をたたえた。そしてローマの支配は,平和や幸福や法を世界にもたらすものとして正当化される。…

※「リウィウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リウィウスの関連キーワードネポスパラティーノの丘ローマの七丘ローマの泉ローマの松ローマの祭古代ローマの航跡をたどれローマの祭りカザレの別荘ローマのパンテオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リウィウスの関連情報