コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリーニバス Mysore N.Srinivas

1件 の用語解説(シュリーニバスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュリーニバス【Mysore N.Srinivas】

1916‐1999
インドの社会人類学者。マイソールボンベイオックスフォードの大学で学び,カルナータカ地方をフィールドとする村落社会構造,現代インド社会の特質と変動の調査と理論ですぐれた研究を発表し,カースト論やサンスクリット化(サンスクリタイゼーションSanskritization)論などを提起した。デリー大学などで教えたあとバンガロールにあるインド経営研究所研究員を務める。主著は《南インドのクールグ族の宗教と社会Religion and Society among the Coorgs of South India》(1952),《現代インドの社会変化Social Change in Modern India》(1966),《一村落の追憶The Remembered Village》(1977)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシュリーニバスの言及

【カースト】より

…ランクを上昇させようとするカーストが一般的に試みる方法は,全構成員が一丸となって浄性が高いとみなされる慣行(たとえば菜食,禁酒,寡婦再婚禁止)を採用することである。社会学者シュリーニバスは,カースト内部のこうした動きを,バラモン文化の象徴である聖典語にちなみ〈サンスクリット化Sanskritization〉と呼んだ。伝統社会が崩れはじめた近代のインドでは,この種の動きが中位・下位のカーストの間で活発化し,カースト規制が強化されるという逆行現象も生じている。…

※「シュリーニバス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュリーニバスの関連キーワード経済人類学社会人類学人類学文化人類学マリノフスキーモーガン応用人類学中根千枝ラドクリフブラウン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone