コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレンク・ノッチング Albert von Schrenk‐Notzing

世界大百科事典 第2版の解説

シュレンク・ノッチング【Albert von Schrenk‐Notzing】

1862‐1929
ドイツの神経科医。オルデンブルクに生まれ,ミュンヘンで没。ドイツにおける初期の催眠術研究家の一人で,1886年以来超心理学的現象,とりわけテレパシーや霊媒の研究に従事,世紀末の著名な霊媒E.パラディーノをはじめとする数々の霊媒を臨床実験した。なかでも霊媒W.シュナイダーによる実験(1922)は,後にこの実験集会に参加した作家T.マンの短編《マーリオと魔術師》(1930)に再現された。【種村 季弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュレンク・ノッチングの関連キーワードエクトプラズム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android