コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレンク・ノッチング Albert von Schrenk‐Notzing

1件 の用語解説(シュレンク・ノッチングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュレンク・ノッチング【Albert von Schrenk‐Notzing】

1862‐1929
ドイツの神経科医。オルデンブルクに生まれ,ミュンヘンで没。ドイツにおける初期の催眠術研究家の一人で,1886年以来超心理学的現象,とりわけテレパシーや霊媒の研究に従事,世紀末の著名な霊媒E.パラディーノをはじめとする数々の霊媒を臨床実験した。なかでも霊媒W.シュナイダーによる実験(1922)は,後にこの実験集会に参加した作家T.マンの短編《マーリオと魔術師》(1930)に再現された。【種村 季弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュレンク・ノッチングの関連キーワード戦争文学サイゴン条約黒住教サトウ歴史小説大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone