コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊媒 れいばい medium

翻訳|medium

7件 の用語解説(霊媒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊媒
れいばい
medium

神霊,死霊などの霊的世界と人間との間を交通,媒介し,さらにその他の超自然心霊現象を起す能力をもつ人間。日本では口寄せとして知られるが,世界各地にもシャーマンなど古くからみられる。霊媒は女性が多く,彼女たちは一種の入神状態 (トランス) に入って,自動言語,自動書記などの心霊活動を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れい‐ばい【霊媒】

神霊や死者の霊と人間との間の意思伝達の仲介をするとされる人。市子(いちこ)・巫女(みこ)・口寄せなどや心霊術の術者の類。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

霊媒【れいばい】

英語mediumなどの訳語。超自然的な力で霊界にいる神霊や亡霊に働きかけ,現実の人間と意思を通じさせるための媒介をするとされる人物。文化人類学上はシャーマンの一類型,超心理学上は死者との交信が可能な霊能者をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

霊媒

アメリカの作曲家ジャン・カルロ・メノッティの英語による全2幕のオペラ(1946)。原題《The Medium》。偽者の女霊媒師を描いた悲劇。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れいばい【霊媒 medium】

超自然的(霊的)存在と人間とを直接媒介することが可能な人物。個人的,私的にこうした能力をもつ人物と,その能力を利用して呪術・宗教的役割を果たす人物とが存在する。霊媒の特徴は,意図的にみずからを通常意識の変異状態(トランスとかデソシエーションと呼ばれる)に置き,その間に超自然的存在が当人の身体中に入りこみ,人格が超自然格(霊格)に転換するとみられる点にある。したがって霊媒の言動は〈われは某々の神(霊)である〉との第一人称的形式をとるのが常である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れいばい【霊媒】

神仏や死んだ人の霊魂の,言葉や思いを伝える役目をする人。神霊・死霊との媒介者。巫女みこ・口寄せの類。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊媒
れいばい
medium

死者の霊と現世の人との媒介をするとされている人。18世紀中葉、西欧におこった近代心霊主義で用いられるようになった。同様なことばに「サイキック」psychic、「敏感者」sensitiveなどがある。ただし、これらは死者の霊との交流という意味はかならずしも含まず、超常的能力の所有者という意味で用いられる。わが国の沖縄の「ゆた」「のろ」、東北地方の「いたこ」なども死者の霊のことばを伝えるといわれ、巫女(みこ)や巫(かんなぎ)、シャーマニズムでのシャーマンなどは神の意志を伝えるとされている。
 霊媒は交霊会Sanceにおいて、普通、霊媒トランスとよばれる特殊な心的状態に入るといわれ、霊を招いて心霊現象をおこす。霊媒には精神的心霊現象を主とするもの、物理的心霊現象を得意とするものがあり、19世紀末から20世紀初めにかけ西欧において、前者ではアメリカのパイパー夫人Mrs. L. Piper、後者ではイギリスのホームD. D. Home、イタリアのユーサピア・パラディノEusapia Palladinoらが有名である。
 霊媒を用いての研究は、19世紀末から英国心霊研究協会The Society for Psychical Researchを中心に、心霊現象の真偽、人間の死後、個性が存続するか否かの問題について行われたが、確実な結論は得られなかった。アメリカの超心理学者ライン(1895―1980)の研究以来、霊媒を対象とする研究は少なくなったが、近時、超常的能力者を用いての研究が行われるようになってきた。[大谷宗司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の霊媒の言及

【エクトプラズム】より

…フランスの生理学者C.R.リシェ(1913年ノーベル賞受賞)の造語で,霊媒の体から,交霊会の際に放出される正体不明の物質。サイコプラズムpsychoplasm,テレプラズムteleplasmともいう。…

【降霊】より

…〈交霊〉の訳語をあてることもある。本来はエジプトの新プラトン主義者の間で行われていた,神々や魔霊を呼び出して,意中の思いをかなえてもらったり,霊媒を通じて予言や警告を語らせたり,さまざまの奇跡をあらわさせたりする魔法のことを言った。後に転じて,人間に害をなす〈黒魔術black magic〉と区別して,〈白魔術white magic〉の意に用いられた。…

【コミュニケーション】より

…謝意の贈物,身ぶり,音声,あるいは文字などの事物的パターンを媒介にして表出されるほかない。これらの媒体がメディアmediaであり,この語は人間と神との媒介者である霊媒の英語名medium,さらにその複数形のmediaに由来する。現代では,身ぶりや音声ばかりでなく,文字とさらにその担体である印刷物や電波など,その幅はきわめて広くなっており,そのうち新聞,雑誌,ラジオ,テレビなど,マス・コミュニケーションの媒体をマス・メディアという。…

【シャマニズム】より


[種類]
 シャーマンは超自然的存在との直接接触・交流の仕方における特徴から,いくつかに区分される。神霊・精霊がシャーマンに憑入し,人格が霊格化して直接話法で言動するのは〈霊媒〉,シャーマンが神霊・精霊の姿を目にし,声を耳にして間接話法でふるまうのが〈予言者〉,ろうそくや線香の燃えぐあいなどに神意を読みとるのが〈見者〉であるとされる。いずれにせよ,その前提には神・人の直接交流の事実があり,通常,意識・心理の変異が見られる点で共通している。…

【心霊学】より

…これらの事件が近代心霊主義勃興の端緒となり,それ以後急速に,死後生存を信ずる運動が全米,次いでヨーロッパ各地に広まった。近代心霊主義とは,〈霊界にある者と,霊媒術を通じて行う通信により明らかにされる事実に基づく,死後生存の科学であり哲学であり宗教〉であって,さまざまな宗教に共通する古来の霊的世界観を出発点とするものではない。ハイズビル事件とは,この村の一家の2人の娘(フォックス姉妹)が,その家で以前殺害された人物の霊と,叩音(こうおん)を通じて交信することに成功したといわれる,ポルターガイスト現象類似の出来事である。…

※「霊媒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

霊媒の関連キーワードアニミズム啓示自然の光霊魂自然界自然的超自然超自然主義魔術グルオン

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霊媒の関連情報