コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレーディンガー方程式 シュレーディンガーホウテイシキ

大辞林 第三版の解説

シュレーディンガーほうていしき【シュレーディンガー方程式】

量子力学で、物質波を表す波動関数の時間的変化を決める微分方程式。系の全エネルギーに対応する演算子ハミルトニアンによる波動関数の変化が、波動関数の時間的変化に相応しているという形式で示される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シュレーディンガー方程式の関連キーワードフェルミ‐ディラック統計シュレーディンガーディラック方程式相対論的量子力学T. カーレマン量子波動方程式重ね合せの原理量子電磁力学超多時間理論エアリー関数クラマース波動方程式軌道関数ソリトン純粋状態波動力学線形性物質波摂動論確率波

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android