コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワーバハ条項 シュワーバハじょうこうSchwabacher Artikel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワーバハ条項
シュワーバハじょうこう
Schwabacher Artikel

福音主義信仰に立ち,一致協力の必要性を認識したドイツの諸侯と,信仰の一致の重要性を提言した M.ルターによって作成された条項。ルター派の最初の信仰告白となった。ザクセン選帝侯ヨハンの要請とルターの承認に基づき,メランヒトンが中心になって 17ヵ条の原案を起草,のち 29ヵ条まで加えられ,1529年 10月 16日にシュワーバハ会議で承認議決,ザクセンとブランデンブルクの諸侯から受入れられた。ヨハンはこれをザクセン公認の信仰告白として皇帝カルル5世に提出,アウクスブルク信条の基礎文献となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android