原案(読み)げんあん

精選版 日本国語大辞典「原案」の解説

げん‐あん【原案】

〘名〙 それをもとにして討議するための案。もとの考え。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「九名の行政議官(アルコン)先づ大事の原案を定め」 〔福恵全書‐任部・堂規式〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「原案」の解説

げん‐あん【原案】

もとになる。特に、会議などに提出された、最初の案。「原案を一部修正する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android