諸侯(読み)しょこう

精選版 日本国語大辞典「諸侯」の解説

しょ‐こう【諸侯】

〘名〙
① 古代中国で、天子から封土を受け、その封土内の人民を支配していた人。
※菅家文草(900頃)四・小知章「述曰、宋栄忘有、禦寇得仙、大智也。五等殊方、侯就事、小智也」
※太平記(14C後)二八「漢此諫に付て、即諸侯に約し、三百余万騎の勢にて、項王を追懸給ふ」 〔易経‐上経比〕
② 中世末期から近世にかけて、諸大名をいう。
※柳沢文書‐(元亀四年)(1573)七月二四日・足利義昭御内書「諸侯之者共織田かたより依調略、企逆意

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「諸侯」の解説

諸侯
しょこう

①周代,王から封土を分与された一族功臣
②中世封建社会で,王と主従関係を結んだ領主階層
世襲の支配者として土地と農民を支配し,王に対しては貢納と軍役の義務を負った。・侯・伯・子・男の5つの爵位に分けられた。
封土を媒介として王に対して奉仕・軍役を行うが,血縁関係を基礎とする中国に対し,契約としての側面が強い。諸侯は,一般に中小貴族家臣にもつ大貴族をさすが,貴族全体を意味することもある。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「諸侯」の解説

しょ‐こう【諸侯】

近世、諸大名をいう。→大名
古代中国で、天子から封土を受け、その封土内の人民を支配していた人。
封建時代のヨーロッパで、一定の支配地と臣下をもった領主階級。
[類語]領主藩主藩侯城主殿様殿大名小名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「諸侯」の解説

【諸侯】しよこう

封建された諸国の王。大名。〔史記、漢興りてより以来の諸侯王年表〕定まりて百年の、親屬疎にして、侯或いは驕奢なり。

字通「諸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android