コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマン共鳴 Schumann resonance

法則の辞典の解説

シューマン共鳴【Schumann resonance】

地表と電離層の間の空間を共振器として,波長数十km程度の電磁波(超長波,ELF)が共鳴を起こす現象.超長波は雷放電などで発生するが,この共鳴の周波数は9,14,29,27,32kHz付近で観測されている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android