コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマン共鳴 Schumann resonance

1件 の用語解説(シューマン共鳴の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シューマン共鳴【Schumann resonance】

地表と電離層の間の空間を共振器として,波長数十km程度の電磁波(超長波,ELF)が共鳴を起こす現象.超長波は雷放電などで発生するが,この共鳴の周波数は9,14,29,27,32kHz付近で観測されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シューマン共鳴の関連キーワード空洞共振器クライストロン電離層夜光屋根裏時空空間ストロームグレン球偏波効果夜間効果天井裏収納部

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone