コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超長波 ちょうちょうはvery low frequency

翻訳|very low frequency

3件 の用語解説(超長波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超長波
ちょうちょうは
very low frequency

波長 10~100km,周波数3~30kHz前後の電波で,VLFと略記する。ミリアメートル波ともいう。伝搬距離が長く減衰が少いので遠距離の電信に適しており,船舶用の無線航行システムであるオメガに使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超長波
ちょうちょうは
super long wave

電波を利用上の便宜から波長により区分したものの一つ。波長100キロメートルから10キロメートルの範囲の電波をいう。電波法施行規則では、ミリアメートル波に区分される。周波数では3キロヘルツから30キロヘルツまでの範囲で、周波数帯の略称はVLFである。
 伝播(でんぱ)の特性は1000キロメートル以内の距離では地表波が優勢で、周波数が低いほど減衰は少なく、陸上伝播より海上伝播のほうが減衰が少ない。遠距離では当然、空間波が優勢であるが、低いほうの周波数帯では電離層(電離圏)の導電率はほとんど周波数に依存しなくなる。つまり、電離層が金属板のような完全導体として作用するようになるためである。大地もこのような波長に対しては、ほとんど完全導体のように働くから、超長波はあたかも導波管の中を伝播するように遠距離に到達するのである。
 もともと、この周波数帯では広い帯域幅は使用できないため、高速度の通信はできないが、この特徴を利用してかつては無線電信による遠距離通信や気象放送に使用された。もっとも役にたったのは1970年(昭和45)ごろに開発された航法システムであるオメガ航法である。使用周波数は10キロヘルツから14キロヘルツまでの8局が地球上に存在すれば、位相差測定による双曲線航法で、世界中で位置が測定できるという航法システムであった。もうこれ以上のシステムはいらないという意味で、ギリシア語のアルファベットの最終文字ω(オメガ)をシステム名とした。日本の対馬(つしま)局には巨大なアンテナが設置され、世界に貢献していたが、全地球測位システム(GPS)が出現して廃止された。[石島 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

超長波の関連キーワード栗林さみインテリジェントクルーズコントロールウルトラマラソンTHAADサードプレートテクトニクストラフセレーネSELENE民間有人飛行

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone