コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共振器 きょうしんき resonator

翻訳|resonator

3件 の用語解説(共振器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共振器
きょうしんき
resonator

共振現象を利用して特定周波数の波や振動を取出すための装置。音に対しては一般に共鳴器という。電気回路ではコイルコンデンサ,あるいは抵抗とコンデンサを組合せてつくる。アンテナでとらえた電波のなかから特定の周波数のものを選び出すために使う共振器を同調回路という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうしん‐き【共振器】

電磁波や電気振動などの振動を受け取って共振させる装置。マイクロ波空洞共振器レーザー光共振器などがあるほか、電気振動では共振回路が用いられる。共振子。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうしんき【共振器】

共振を得る装置。いろいろな振動数の振動中から、特定の振動数の振動だけを選び出したり、振動数を求めたりする。共振子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の共振器の言及

【レーザー】より

… 以上のことからわかるように,メーザーやレーザー作用を起こさせるためには二つの要件が満たされる必要がある。すなわち,上準位の分子数が下準位の分子数よりも多い反転分布状態をつくりだすことと,電磁波のモードを選択しかつそのモードの電磁波の強度を維持するための共振器をつくることである。 この原理が1953年まずメーザーにおいて実験的に実現(発表は1954)できたのにはそれだけの理由がある。…

※「共振器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

共振器の関連キーワード共鳴高周波周波数計超低周波低周波LC回路固有周波数高周波殺虫高周波炉空胴共振器

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共振器の関連情報