コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共振器 きょうしんきresonator

翻訳|resonator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共振器
きょうしんき
resonator

共振現象を利用して特定周波数の波や振動を取出すための装置。音に対しては一般に共鳴器という。電気回路ではコイルとコンデンサ,あるいは抵抗とコンデンサを組合せてつくる。アンテナでとらえた電波のなかから特定の周波数のものを選び出すために使う共振器を同調回路という。その Q値が高いほど電波を分離する能力が強い。なお,マイクロ波では空洞共振器レーザーでは干渉計による光共振器が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうしんき【共振器】

共振を得る装置。いろいろな振動数の振動中から、特定の振動数の振動だけを選び出したり、振動数を求めたりする。共振子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の共振器の言及

【レーザー】より

… 以上のことからわかるように,メーザーやレーザー作用を起こさせるためには二つの要件が満たされる必要がある。すなわち,上準位の分子数が下準位の分子数よりも多い反転分布状態をつくりだすことと,電磁波のモードを選択しかつそのモードの電磁波の強度を維持するための共振器をつくることである。 この原理が1953年まずメーザーにおいて実験的に実現(発表は1954)できたのにはそれだけの理由がある。…

※「共振器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

共振器の関連キーワードマイクロストリップアンテナ自由電子レーザーフォトニック結晶リードダイオードレーザージャイロシューマン共鳴Qスイッチング表面波デバイス注入型レーザー弾性表面波素子クライストロン窒素レーザーX線レーザーヘルツの実験水素メーザー色素レーザーマグネトロン薄膜レーザーQスイッチ線形加速器

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android