コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジョウスゲ(猩々菅) ショウジョウスゲCarex blepharicarpa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジョウスゲ(猩々菅)
ショウジョウスゲ
Carex blepharicarpa

カヤツリグサ科の多年草。日本各地の山地や高山に生える。密に叢生し,高さ 60cmくらいになり,基部には褐色の繊維がある。葉は狭い線形で幅は2~4mm,先はとがる。夏頃,3稜形の茎の頂部に少数の赤褐色の穂をつける。雄花穂は1個頂生し棍棒状で長い柄がある。雌花穂は雄花穂の下に数個つき短い柱状。花穂が赤褐色であることからこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ショウジョウスゲ(猩々菅)の関連キーワードカヤツリグサ科