花穂(読み)カスイ

大辞林 第三版の解説

かすい【花穂】

花柄が無いかまたは短い花が、一本の軸に群がりついている花序。穂状花序・総状花序など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐すい クヮ‥【花穂】

〘名〙
① 花序(かじょ)。中でも一本の軸に多数の花が密に付いて穂状に見えるものをさすことが多い。
野火(1951)〈大岡昇平〉一〇「繊毛が風に立ち、花穂の周囲に戯れて、それから遠い空間に撒開した」
③ 茎頂に叢生する胞子葉

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花穂の関連情報