コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショック死 ショックシ

2件 の用語解説(ショック死の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ショック‐し【ショック死】

[名](スル)末梢の血液循環不全により、血圧の低下や意識障害が急速に進行し、死に至ること。「麻酔によるショック死

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のショック死の言及

【ショック】より

…いずれにしても,ある時期を過ぎて治療を行ったのではショックから回復できず,早期治療がきわめて重要である。【長谷川 嗣夫】
【ショック死】
 外的刺激によって生じたショック状態のもとに死亡することで,その原因により精神性,神経性,出血性,過敏症,中毒性,その他のショック死に大別される。精神性ショック死は,突発的な強い精神的衝撃,すなわち,暗やみで突然に声をかけられたり,近所で大爆発があったり,強い地震があった際などに,びっくりして死亡するものである。…

※「ショック死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショック死の関連情報