コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意識障害 いしきしょうがいdisturbance of consciousness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

意識障害
いしきしょうがい
disturbance of consciousness

精神活動が一時的あるいは持続的に障害を受けること。意識混濁の程度には種々あり,軽度のものから順に,明識不能 (困難) 状態,傾眠昏蒙昏睡などがある。嗜眠と傾眠はほとんど同義で,睡眠に陥ろうとする傾向が強いものをいう。昏睡は最も高度の意識障害で,強い刺激を与えても,まったく反応がない。意識が短時間だけ失われた状態は失神という。意識障害,特に昏睡の原因となる疾患は,尿毒症肝不全,糖尿病,低血糖脳腫瘍髄膜炎脳炎脳卒中頭部外傷てんかんなどいろいろある。早期に診断し,原因に応じた対策を講じなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いしき‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【意識障害】

意識の明晰(めいせき)さ・充実度・活発さ・秩序などが損なわれた状態。その程度によって、傾眠昏蒙(こんもう)嗜眠(しみん)昏睡などの状態に分けられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

意識障害【いしきしょうがい】

普通,精神医学的には,心的体験のある程度までの明晰(めいせき)性,充実度,活発さ,秩序などが失われ,自分の心身の状態やおかれている環境が認識できず,合理的な判断に基づいた反応や行動をとる意識の清明(せいめい)さを欠いた場合を意識障害と呼んでいる。
→関連項目見当識障害昏睡失神嗜眠性脳炎癲癇頭部外傷脳梗塞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いしきしょうがい【意識障害】

意識の明るさ(覚醒かくせい度)が低下したり、思考・判断・記憶などの能力が損なわれた状態。昏睡・傾眠・譫妄せんもう・錯乱・朦朧もうろう状態などさまざまな段階に区分される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

意識障害
いしきしょうがい

知覚、注意、思考、判断、記憶など一連の能力が均一に一過性ないし持続性に障害されたものをいう。意識とは、体験主体によってそれと自覚されうる外的および内的体験の全体をある特定の時点において可能ならしめ、これを組織化し秩序を与える精神生理学的機能として想定されるものである。このような意識が、〔1〕体験の明晰(めいせき)さ(意識の清明さ)、〔2〕体験の広がり(意識野)、〔3〕体験の秩序ある構造、のいずれにおいて損なわれるかに応じて、意識障害には通常、〔1〕意識混濁、〔2〕意識狭窄(きょうさく)、〔3〕意識変容、の3要因が区別される。意識障害においては実際には、この3要因がなんらかの程度に混在することが多いが、各要因が比較的純粋な形で顕在化することもある。
 意識混濁には、覚醒(かくせい)度または清明さの低下の量的程度に応じてさまざまな段階が区別される。たとえばドイツのハイマンH. Heimannは、以下の5段階をあげている。
(1)さまざまな精神的活動が困難で不活発となり、外界が疎遠感をもって体験され、感情の動きが鈍麻する昏蒙(こんもう)
(2)なんとか覚醒してはいるが眠たげな表情と態度が目だち、外界からの刺激に対する反応が緩慢となる傾眠
(3)放置すると入眠してしまうが、強い刺激によって覚醒させることが可能な昏眠
(4)外界からの刺激によっても覚醒させることのできない睡眠類似の状態がみられ、腱(けん)反射が低下する前昏睡
(5)外界からの刺激に対する運動反射のみならず、さまざまな反射が消失してしまう昏睡
 しかし、各段階の区別法と名称には、立場や学派によりかなりの異同があるので注意が必要である。たとえば、前述のドイツ語圏の分類とは異なり、フランス語圏では、(3)の昏眠を軽度昏睡、(4)の前昏睡を中度昏睡とよび、さらに(5)の昏睡を、深昏睡と、植物性神経機能まで喪失して人為的生存のみが可能な過度昏睡(脳死)に分けており、英語圏では(3)の昏眠を昏迷とよぶことがある。また、昏睡は原則として短時日のうちに回復するか、もしくは死に至るかの経過をとるが、ときに数週間、まれには数か月以上持続して重篤な認知症と区別困難な、開眼しているが反応のない状態に移行することがある。これを遷延昏睡といい、無動性緘黙(かんもく)(無言)症や失外套(がいとう)症状群などにみられる。
 意識狭窄は意識狭縮ともよばれ、意識の広がりの障害で、体験内容の特定の一部分しか意識されない状態をいう。激しい感情のとりこになっているときや、ヒステリー、催眠状態、一種のもうろう状態でみられる。心因性のものでは前述の意識混濁の要素がなく、したがって脳波を調べても変化がほとんどないのが特徴的である。意識の統合性が失われるようになると、意識変容に移行する。
 意識変容とは意識の混濁と興奮がいろいろに組み合わされたもので、ごく普通にみられる意識障害の型である。通常、譫妄(せんもう)、錯乱(アメンチア)、もうろう状態の3型が区別されるが、いずれも一見、覚醒しているかにみえながら十分に適応した行動がとれない状態として観察される。なお、譫妄とは、とくに多彩な幻覚体験が前景に出る状態で、夢幻症(フランス語圏での用語)ともよばれる。[濱中淑彦]
『H・エー著、大橋博司訳『意識1』(1969・みすず書房) ▽H・エー著、大橋博司訳『意識2』(1971・みすず書房) ▽山口成良著『意識障害(新臨床医学文庫264)』(1977・金原出版) ▽一瀬邦弘編『せん妄』(1998・ライフ・サイエンス) ▽Gordon Bryan Young, Allan H. Ropper, Charles Francis Bolton著、井上聖啓・有賀徹・堤晴彦監訳『昏睡と意識障害』(2001・メディカル・サイエンス・インターナショナル)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の意識障害の言及

【意識】より

…その際,〈受動的総合〉といった概念の導入によって,総合と事実上の自己意識の諸段階との調和が図られているのは,一つの前進と言える。【滝浦 静雄】
[意識障害consciousness disturbance]
 医学的には,意識は〈通常目覚めていて,外界から与えられた刺激を正しく認識して適切な行動に関連づけていく諸過程を維持する機能の全体〉と定義される。この機構は大きく2段階に分けることができる。…

【錯乱】より

…思考や行動の著しい乱れに関する医学用語。意識障害といってもよく,自分自身および自分と外界との関係に対する意識が希薄になり,時間や場所,方向などの認識が困難で,話や行動にまとまりがなく,周囲と正しい交渉ができない。こうした意識障害はいわば深い昏睡から半覚醒した状態であり,当人は眼を閉じたり開いたりして横たわっていることが多く,歩こうとしてもよろけてぶつかったりする。…

※「意識障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

意識障害の関連キーワードアダムス‐ストークス症候群脳梗塞/脳出血(脳溢血)レットミーディサイドインフルエンザ脳症流行性脳脊髄膜炎リン(燐)中毒高グリシン血症蜘蛛膜下出血中毒性精神病ベンゼン中毒外傷性精神病ショック死意識清明期逆行性健忘脳血管障害記銘力障害肝性脳症急性脳症脳圧亢進劇症肝炎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

意識障害の関連情報