コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショットキータイプ比熱 Schottky type specific heat

1件 の用語解説(ショットキータイプ比熱の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ショットキータイプ比熱【Schottky type specific heat】

2個以上の離散的エネルギー準位をもつ系の熱力学的諸量は,熱エネルギーが準位間エネルギー差に匹敵する程度の温度において異常性を示す(ショットキー異常*)が,特に比熱の場合にはショットキータイプ比熱と呼ばれている.

いまエネルギー間隔 ε の二つの準位をもつ系において,ショットキー比熱を示すと次のような式で表現できる.

ここで N は原子の数,&scriptg;0&scriptg;1 はそれぞれ基底順位と励起準位の縮重度,kボルツマン定数*である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショットキータイプ比熱の関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝電子殻熱エネルギーマスター方程式一次エネルギー機械的エネルギーエネルギー・レベル機械エネルギー保存則ショットキー異常