コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラタマノキ(白玉の木) シラタマノキGaultheria miqueliana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラタマノキ(白玉の木)
シラタマノキ
Gaultheria miqueliana

ツツジ科の常緑小低木。本州中部以北から北海道にかけて,高山の乾燥地に分布する。地下茎を伸ばし地上部は高さ 20cmとなる。葉は互生し,楕円形で長さ約 2cm,つやがあり厚い。7月頃,枝先に白色壺状の花を総状につける。おしべは 10本, (やく) の先に4本の細い突起がある。果実は 蒴果であるが,大きく生長して球状になった白色多肉の萼に包まれる。これをつぶすとメントールのような臭いがある。同属の果実の赤いアカモノに対して,これをシロモノと呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シラタマノキ(白玉の木)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android